大人婚、結婚準備日記

laneige21.exblog.jp
ブログトップ

パリハネムーンのお勧め!エッフェル塔でランチ

ハネムーンでは人気のパリ、これから行こうと思っていらっしゃる方にお勧めの情報をいくつか書いていこうと思います。
まずは、パリにほぼ年1回の頻度で行き始めて8年の私が、一緒に行く人を楽しませたいと思ったら、これ!とリピートしている2つ。

★エッフェル塔のレストランのランチ
★セーヌ川のレストランクルーズ

どちらも、日本からWEBで予約していって、現地ではバウチャーを出力して持っていけば最低限のコミュニケーションでOKです!

まずは、エッフェル塔情報から。

エッフェル塔には、いくつかレストランがあって、リフト付きの入場料金(17€)込みのランチやディナーのプランがあります。
私がリピートしているのは、58 tour eiffelという、カジュアルなレストランです。
(ミシュラン一つ星のジュール・ヴェルヌもありますが・・・値段がかなり違いますので~^^;)
カジュアルとはいえ、こちらもアラン・デュカスのセカンドラインのレストラン。
十分おいしくて満足できますよ!
ランチは、前菜・メイン・デザートに、グラスワインを含む食事中のドリンク1杯と、食後のコーヒーまたはお茶がついて41.5€(2016年現在)。

今回私が選んだもの・・・
前菜のザクロとエビのパスタサラダと、デザートのフロマージュブラン。
a0352094_17363013.jpg
メインは、サーモンのラタトゥイユ仕立てです。
a0352094_17363344.jpg
旦那さんは、ピスタチオクリームやビーフを選んでいて、そちらも美味しかったです^^

レストランの予約客だと、一般の入場客とは別の列から案内されて、優先で展望台に入ることができますので、どちらにせよエッフェル塔に行く予定があるなら、並ぶ時間の節約にもなります。

予約は、日本の代理店などもいくつも請け負っているようですが、どうしてもマージンが乗ってしまうので、エッフェル塔の公式サイト(http://www.toureiffel.paris/)から予約されるのがおすすめです。
ごく簡単な英語がわかれば予約できますので、ぜひチャレンジを。

ちなみに、現地でメニューが分からないときは、逆にどこかの日本の代理店の予約ページを見ちゃいましょう。日本語に翻訳されたメニューが載っていることがありますよ。

なるべく早めに到着すれば、いい席に案内してもらえます。
セーヌ川を挟んで向かいのシャイヨー宮を眺めながら、優雅なランチをぜひ楽しんでください!

a0352094_17531525.jpg

[PR]
# by la_neige_21 | 2016-11-21 17:56 | ハネムーンのこと | Comments(0)

帰ってきてもう10日。お土産を送る。

先々週の火曜にパリを出て、早くも10日が経とうとしています。
結婚祝いをいただいた皆さんには、内祝い代わりに新婚旅行のお土産を送るつもりでいまして、あれやこれやと買い込んできました。
今回、JALで行ったのですが、エコノミーでも預けられる荷物の制限がひとり23㎏×2個なんですよね!
なので、心置きなく買い物も楽しめました。

お土産、食品でも賞味期限がそんなに短いものはないとは言っても、なるべくタイムリーに送りたいところ。
どうやって送ろうか色々考えて、無事あらかた荷物を出すことができました。

遠方のお土産の発送に利用したのは、ヤマト運輸の「クロネココンパクト」。
メール便が廃止されたことで出来た新しいサービスのようで、私も今回初めて知りました。
メール便とは違い、ポストに届けるのではなく手渡しで先方に届きます。

専用の箱を購入しなくてはならないのですが、ちょうどよいサイズの段ボールを送る数分揃えることを考えると、65円で段ボールを買えるのはなんなら便利です。
普段の荷物なら、何かのショップの紙袋をガムテープで留めて出したりもしますが、今回は一応「お礼」を兼ねてのお送りなので、出来ればなるべく失礼じゃない形で送りたいし。

箱のサイズはだいたいA4くらいで、高さが5cmくらい。
組み立てると最後に封をするテープまで付いているので、なかなか便利です。
これに、開けたときに「贈り物」っぽく感じてもらえるように、かつ緩衝材としてと考えて、表面が白い紙になっている、エアーキャップ(いわゆるプチプチですね)の袋に、「especially for you」みたいなちょっとしたシールを貼って、プレゼント風にしました。

この、クロネココンパクト。
他のヤマト運輸の荷物と同じく、営業所に持ち込むと配送料が100円引きになります。
さらに、「クロネコメンバーズ」に登録して、Web上のアドレス帳に送り先住所を登録し、それを利用して店頭の「ネコピット」という機械で送り状を印刷すると、50円引きになるんです。
(専用の電子マネーで支払うと、もっと安くなるみたいですが、私は持っていない…)

こうすると、小さいものを配送するのに便利な、郵便局の「レターパック」とほぼ同額です。
レターパックは、ケースを買うとそれにすでに配送料が含まれていて、そのままポストに投函できるのが楽ですが、封筒タイプのケースなので、立体のものをいれると、わりと不格好になりますし、厚みが3cmまでというのがネック。お土産を送るには、けっこうダメなものが多かったです。
届くのもポストなので、ちょっと雑な扱いになります。
クロネココンパクトは、手渡しの配送で箱もかっちりしていて、受け取った側にとっても「きちんと感」があるかなぁという印象です。

ただ、新しいサービスなだけに、ヤマトのお店の方もあまりこのシステムに慣れていない方もいるようで…
2回目に1件追加で出しにいった際のスタッフさんは割引のことを知らなかったと見えて、私もうっかりそのまま出してしまったのですが、後で考えたら50円引きはスルーされてしまっていた…ということがありました。
(忙しいときに行ってしまったようで、本当なら機械で読み込むときに自動で正しい価格が出るはずなのですが、取り急ぎという感じで、手書きで持ち込みの正規料金を控えに記入して済まされてしまった、という感じでした。)

でも、このサービスはけっこう便利です!
ご結婚式の前後は、けっこう何かを送ったりする事って多いので、こういうサービスも、比較して上手く使えるといいよなと思います。

ハネムーン報告を…と思いきや、パリの素敵な話ではなく、宅急便の話でした(^_^;)

[PR]
# by la_neige_21 | 2016-10-22 23:33 | ハネムーンのこと | Comments(0)

明日から、ハネムーン(^-^)

旅行の準備や手配のことも書こうと思っていたものの、思わぬ部署移動などもあり全然ブログ更新できないまま、明日ハネムーンに出発です!

私にとっては、もう7度めのパリ。
海外旅行といえば、パリばっかり行ってるんですが、また?と言われても、大好きな場所だからこそ、大事な人と一緒に行きたいと思うのです。
楽しみだなー、わくわくしちゃって眠れないです。

今日と明後日の雨の隙間に、ちょうど明日はいい天気みたい。
パリの長期予報も、昨日までの「小雨」の予報が、なんと、期間中全部「晴れ」に変わりました。

いい旅行になりますように!

[PR]
# by la_neige_21 | 2016-10-04 00:33 | ハネムーンのこと | Comments(0)

アフターブーケのこと

結婚式のブーケを保存する、アフターブーケ加工。
ぎりぎりまでどうしようか悩んだのですが、やっぱりやっておけば良かった…と後悔するのは嫌だなと思い、押し花額への加工を最後の最後でお願いしました。

私のブーケは、一緒に海外旅行に行くくらい仲の良い大学からの友達が作ってくれたもの。
と言っても、この友達はアマチュアではなく、ホテルウェディングの専属についていたり、ブーケが本に載るくらいのフローリスト。
プロ中のプロです。
いつか、万が一(笑)私が結婚式をするなんてことがあったら、絶対に彼女のブーケを持ちたいと思っていて、今回それが叶って、本当に嬉しかったのです。
なので、やっぱり残しておきたくなりました。

どんな方法があるのか、値段はどうかなど、お店もいろいろ調べた結果、式場が提携している「ぶるーむ」さんにお願いするのがベストだなと。
挙式が終わったその日のうちに配送しなくてはならないのに、自分で箱に入れてコンビニまで運んで~、なんてやっている暇はないですもんね。
着替え終わったら、そのまま式場にブーケを渡して来ちゃえるほうが確実です。
それに、ぶるーむさんのフレームが、他と比較してもやっぱり素敵だったっていうのも決め手でした。

そして、式から約3ヶ月、先日、ついに届きました!
a0352094_14392331.jpg

もとのブーケの印象のままの押し花ブーケ。
フレームや台紙の柄もすごく好みで、ほんとに素敵!
すごく気に入ったブーケだったので、やっぱりお願いして良かったです。

ちなみに…
押し花したいんだ、とブーケを作ってくれた友達に話しておいたところ、「ブーケで実際持っていた花だと、多少はぶつけたり萎れたりダメージがあるからね」と、押し花用に同じ芍薬の新しいものを別で用意してくれたんです。
おかげで、まったく痛みのない花弁だけで、きれいな押し花にしてもらうことが出来ました。
式場のフローリストさんでも、傷が目立つ花材の場合(&アフターブーケ加工も式場で頼むなら)は、花材を追加で分けてもらえないか聞いてみるのもいいかもしれないです。

[PR]
# by la_neige_21 | 2016-09-03 14:54 | ドレス・小物のこと | Comments(0)

祖父母挨拶回り、プチ旅行~おまけ~

今回のプチ旅行で、ふと思い出して、昔から大好きな郷土のお菓子を義実家用のお土産に買うことに。
それは…「ふうきまめ」というものです。

山形のお菓子で、中でも美味しいのが「山田屋」の「白露ふうき豆」!
箱入り580gのもので1000円程度。
箱がなくて、袋に入っている自宅用なら、300gくらいの包みで600円くらいです。
賞味期限も短く、予約しないとすぐに売り切れちゃったりするので、なかなか口にできないのですが、価格的にはお手頃なお菓子なのです。

a0352094_17021287.jpg

見た目、きれいな緑色ですが、まぁそうは言っても地味な「煮豆」みたいに見えます。
でもね!
あなどってはいけない…ほんとーうに美味しいんです!!
皮感ゼロのとろけるような食感に、上品な甘さ。
しっとり、あと一歩でクリーム状になっちゃうんじゃないかのぎりぎりの柔らかさ。
久しぶりに食べたけど、やっぱり絶品ー!

甘いものをほとんど食べない義理の母も絶賛。
こんな美味しいお菓子があるのよー!と、お客さまに出したところ、その方がなかなかのお菓子好きだったらしく、
「まぁ!ふうきまめじゃない、こんな珍しいものどうしたの?
美味しいのよねー!」
と誉められたそうで、なんだか鼻が高かったと(笑)ニコニコ仰って、えへへと笑う、可愛らしい義母さまなのでした。

お取り寄せもできるようなので、甘いものがお好きなら、ぜひ!
おすすめです(*´∀`)♪

[PR]
# by la_neige_21 | 2016-08-25 12:15 | 東北プチ旅行 | Comments(0)

祖父母挨拶回り、プチ旅行④

ちょっとずつでしたが、それぞれの祖父母に無事会ってきて、残りの一泊はのんきに温泉です。

地元なのでひいき目もないとは言わないですが、南東北の温泉は、都内から行くには本当にいいですよ!
箱根などの近いところは、交通費はあまりかからないものの、それなりのお値段出さないとなかなか満足のいくところに泊まれないですし、西のほうは、交通費も時間もかなりかかるうえに、価格帯もけっこう・・・
地元近辺の温泉宿に慣れている私には、他の土地の温泉に行って「この値段出してこれー?」と思ってしまうことも多々あり。

さて、今回のお宿は福島飯坂にある穴原温泉の、「匠のこころ 吉川屋」です。
今回は、私の両親と私たち夫婦なので、いろいろ特典がついた「カップルプラン」を2組分で申し込みました。
親と温泉に行くのにこういうことができるようになるとは…結婚してないとできないことって、些細ながらいろいろありますねぇ。
夏休みが始まっている時期の土日だったので、格安とまではいきませんが、1人頭20000円を切った、なかなかいいプランでした。

一番新しくて高い建物の最上階、隣り合わせの広めの禁煙ルーム2部屋。
広いお部屋でぐだぐだして、大好きな露天風呂でゆっくりして。
父は、一緒に入ってくれる男子(旦那さんの事)がいるので、いつもより長風呂で楽しそうでした。

a0352094_15295871.jpg

夕食は食事処で4人席にしてもらい、プランの特典で、食事のときのグラスワインと、食後にデザート以外にケーキのプレゼントが付きます。
ケーキは、その場ではなく部屋に運んでもらうこともできるということで、私たちは夜のおしゃべりのときに食べられるように、お部屋にお願いしました。
それ以外に、ラウンジで出されているソフトクリームもついています。
カップルプラン、お得だな~。

a0352094_15303192.jpg
お夕食の先付けとメニュー。
ほかはしゃべるのと食べるのに忙しくて、写真も撮ってなかったです。
いやー、食べ過ぎ!ほんと食べ過ぎ。

翌日曜日、温泉をチェックアウトしてお昼を食べてから私の実家へ立ち寄り、ちょっとお茶を飲んで。
午後の遅めから、急に旦那さんに仕事が入ってしまったので、3時ごろの新幹線で東京へ帰ってきました。

金曜日の夜から日曜の午後だから、丸2日にも満たないプチ旅行でしたが。。。

私はいわゆる標準的なサラリーマン家庭で育ったので、土日やお盆にお父さんがお休みで、専業主婦の母と私たちとで旅行に行ったりということが普通だったのですが、旦那さんはご家族で会社をやっていて小売りを含めた自営業なので、家族旅行そのものがあまり経験がないそうです。
でも、やってみたらこういうの楽しい、と思ってくれると私は嬉しい!

さて、次はハネムーンだよー!
楽しみです!(^ワ^)

[PR]
# by la_neige_21 | 2016-08-21 15:33 | 東北プチ旅行 | Comments(2)

祖父母挨拶回り、プチ旅行③

亀の歩みの旅行記更新、ぼちぼち書いていきます(^^)

仙台駅前で一泊して、翌日は朝からまず旦那さんのおばあさまのところへ向かいます。
仙台駅から電車でだいたい30分くらい。
駅までは、結婚式にも来てくださった、おばさまがご主人と一緒に車で出迎えてくださいました。

この辺りは、少なからず震災も影響があったところですが、おばあさまのお住まいは大きな被害はなかったとのこと。
少し高台になった場所の一軒家にお一人暮らしですが、おばさまご夫妻が近くに住んでいらっしゃるので、何かと安心ですね。
お年を召してはいらっしゃるけれど、とてもしっかりされていて、かわいらしいおばあちゃまでした。

一緒にケーキを食べて、お土産に作っていった結婚式の写真のフォトブックを見ながら、久しぶりに見る孫たち(旦那さんの兄弟ですね)の姿に、老けたのなんだのとあーだこーだ言って笑い、一緒に写真をとり。
初めてお会いする私にも、とても優しくしてくださって、いろいろお話してくださいました。

旦那さんも子供のころには毎年夏休みに来ていたということなので、東京生まれ東京育ちながら、ここが「田舎」という感じなのかなぁ。
小さいころに行っていた夏の間だけのプールが、今も営業していたりと、懐かしかったようです。

あっという間でしたが、午前中いっぱいをお邪魔させていただいて、仙台へ戻り今度はバスで山形へ向かいます。

仙台から山形までは、1時間に3本ほど出ている高速バスで、約1時間。
2枚つづりの回数券で、1人850円程度で移動することができます。
駅前でコーヒーを買って、うとうとしながら短いバスの旅。
安いし、速い!これでは、山形の若い人たちが、地元でお金を落とさずに仙台に買い物に来ちゃうのも、わかるなぁと思います。

バスを降りたところに、こんどは私の両親が車でピックアップしに来てくれました。
今回は、せっかくなので!ということで、祖父母の家に両親も一緒に顔を出し、その足で両親と私たちの4人で温泉に行くのです!わーい!
(うちの父は無類の温泉好きで、隙あらば温泉に行きたがります 笑)

父の運転で、狭い山形市内を少し案内しつつ、祖父母の家へ。
先日も私は来ているので、それほど久しぶりではないのですが、やっぱり喜んでくれますね。
私以外に結婚している孫は2人いるのですが、関西に住んでいて山形まで来るのはハードルが高かったり、子供の生まれるタイミングで事情があったりと、まだ誰も、結婚相手を連れてきてはいなかったんだなと思い当たりました。
元気なうちに、また新しい経験があって、よかったなぁと思います。

私の好きなシュークリームと、旦那さんの大好物のスイカを用意してくれていて、ちょうど来ていた叔父も一緒にお茶タイム。
本当はもっといろいろ作って食べさせたいと思ってたみたいなんですが、さすがにわれらもアラフォー・・・そんなに食べられないんだからね!と母がくぎを刺してくれたのが効いたみたい。残すのも申し訳ないので、よかったです。
前回来た時には、しまうまプリントで急いで作った、参列してくれた皆さんの写真を集めて作った小さいフォトブックを渡していたのですが、今回ももう少し立派な仕様で、プロのカメラマンさんがとってくれた写真で作ったほうも受け取ってもらいました。

今回は、「My Book」というショップで作ってもらったもの。
フルフラットの仕様じゃないのは残念だけど、表紙がしっかりしていて、フラットタイプのものより軽くていいかなとは思いました。
旦那さんのほうの親戚皆さんがたくさん移っているバージョンと、私の親戚側のメンバー中心のバージョン、2つまるっきり違うものを準備していきました。
表紙は一緒ですが、中身は全ページ、それぞれ違うんです。

a0352094_14523480.jpg

すごーく手間はかかったけど!
でも、やっぱり、知ってる顔をたくさん見たいんじゃないかなと思って、頑張りました。

最近は結構、体がきかないときいていたのですが、とにかくこの日は祖父母とも元気で。
ここのところで一番の、「変わったこと」として楽しんでくれたかなぁと思います。
(母が、「この後疲れちゃって、がっくりくるのよ、あれは。」と呆れ顔&心配そうでしたが・・・その日は叔父が残ってもう1泊止まってくれるそうだったので、だんだんとクールダウンできそうで何よりでした。。。急にガクッとなるのは怖いからねぇ。)

その後、この機会に、すでに他界している父のほうの祖父母のお墓に回って。

これにて、任務は完了!
温泉にGO!です!

[PR]
# by la_neige_21 | 2016-08-11 14:53 | 東北プチ旅行 | Comments(0)

祖父母挨拶回り、プチ旅行②

慌てて飛び乗った新幹線、上野から仙台までは、わずか一時間半で到着です。
はやぶさ、速い!

私の姉が仙台に住んでいるので、この日は遅い夜ご飯を一緒にということになっています。
姉の仕事が終わるのが9時ごろということで、私たちは先に、仙台駅近くのホテルにチェックイン。
姉へのお土産の「ひよこ 夏箱」だけ持って、てくてくちょっと離れた約束のお店に向かいます。

こちら、ひよこ 夏箱。
花火柄です。かわいい。

a0352094_12171968.jpg

「仙台で飲むとき、何が食べたい?」と聞かれて、私はなんでも食べるけど、彼は麻婆豆腐と日本酒が好きだよ~という答えから姉が予約してくれたお店は、地下鉄広瀬通り駅すぐの「にほんしゅ屋 シマウマ酒店nico」さん。
麻婆や水餃子、エビマヨ、中華がゆなどのメニューと、おつくりに日本酒のお店。
さすが姉、ベテラン営業マン!よく見つけたなぁと感心しました。

このお店、お通しにもれなくおすすめの燗酒をおちょこ一杯出してくれるのですが、このおちょこがかわいい。
オリジナルのしまうまちゃんデザインです。
a0352094_00383657.jpg

そして、日本酒もいろいろな種類があるのですが、基本的に銘柄ではなく何mlでお願いするかで値段が決まっているスタイル。
50ml、100ml、180mlと選べます。
50や100なら、気になるものを数種類、気軽に飲めて楽しい!
日本酒のカクテルもあって、ライムとソーダで日本酒を割ったの(写真の右のやつ)とても美味しかったので、おうちでも真似してみようと思ってます。
a0352094_00385433.jpg

仕事が長引いてちょっと遅れてきた姉は、ちょうど一緒に外出していた会社の後輩を連れていまして、短い時間でしたが4人で楽しく飲みました~。

せっかくの機会なので、ちょっとでも会えてよかったなと思いながら、明日に備えて就寝・・・。
翌土曜日は、朝から移動に次ぐ移動です!

[PR]
# by la_neige_21 | 2016-08-01 00:40 | 東北プチ旅行 | Comments(0)

祖父母挨拶回り、プチ旅行①

アラフォーの結婚式ともなると、祖父母ももちろん高齢ということがほとんどですよね。
私たちの場合も、旦那さんの母方の祖母と、私の母方の祖父母がいるのですが、90代に差し掛かっていまして。
数時間の移動と慣れないホテル、行きつけの病院から離れている怖さなどなど、年齢ならではの問題点がたくさん。
どちらの祖父母も遠方ということもあり、当日に来てもらうことは叶いませんでした。

なので、式からは2ヶ月遅れになってしまいましたが、旦那さんにお休みを合わせてもらって、週末弾丸挨拶回り旅行に行ってきました!
私の祖父母には、ちらっと従姉妹の結婚式の後に私だけでは会いにいっているのですが、やっぱり二人揃っていかないとね。
しかも、生きてるうちにね…!(大げさじゃなく、そういう年です(^_^;))

我らの田舎は、偶然にも両方とも東北、彼の母方が宮城県、私の方は山形県です。
隣県なので、まとめて訪ねることができます。
今回は、金曜の仕事の後に新幹線で仙台駅まで移動し、そこで一泊して、朝から宮城の祖母宅、昼に仙台から山形にバスで移動し、午後に山形の祖父母宅というスケジュールです。
その後には、いい機会なので私の両親と合流して、両親の住む実家にも寄ってもらうことにしました。

実は、彼とはこれが初めての旅行!
一緒にお出かけ、うれしいなー(^-^)

と、浮かれて迎えた当日。

金曜、会社にいくと、15:40に終わるはずの会議の時間が変わってる…!!Σ(゜Д゜)

17:50までになっているー!
新幹線の時間は、18:50上野発。
ちょっとギリギリだな…一度、家に戻ってキャリーケースを持ち出さなきゃならないのに。
しょうがない~、最悪タクシーも辞さず!とじりじりしながら会議にでます。

…17:40。全然終わる気配がありません。

…17:50。終了予定時間ですが、まだしゃべってます。

旦那さんに、緊急LINE。
「いまどこにいる?会議が終わらなくて、家に戻れないかも!」

「ちょうど家に帰ってきたとこー
荷物、もって上野に行ってるよ」

……神なの?(*´-`)

…18:00ジャスト。やっとおわったーーー!
秒速で片付けて、走って電車に駆け込み、最速で上野へ!!
三越前駅での改札外乗換では、ここ数年で一番のダッシュでした。
いい大人が(笑)

18:25、旦那さんと無事合流。
切符を受け取って、構内でお土産をささっと買って。
あー、いま話題の、メルヘンのサンドイッチを買っていきたかったのに~!とわめきながら、地下奥深くの新幹線ホームへ。

間に合いました。
サンドイッチ~(*_*)と悔しがる私に、旦那さんがビールを買ってくれました。
a0352094_14304672.jpg

バタバタでしたが、楽しい旅行の始まりです(笑)

[PR]
# by la_neige_21 | 2016-07-27 14:30 | 東北プチ旅行 | Comments(0)

ハネムーンに行こう!

なかなかお休みが合わない私たち、長期で一緒に休んで旅行にいくのはなかなか難しいね~と、ハネムーンについては諦めムードだったのですが。。。
彼のご両親から、この機会を逃したらそれこそなかなか行けなくなるよ、絶対に行った方がいい!とのありがたい後押しを頂き、思いきって、お出掛けすることにしました。

彼は、実家の家業を一緒にやっているので、なかなかきちんとしたお休みが取れることは少ないし、本人も取れなくて当たり前みたいな感覚なのですが、上司でもある両親からそう言ってもらえるならということで、行く気になってくれたみたいです。

わーい、嬉しいなー!

結婚式と同じく、ハネムーンもほぼ私がリードして準備を進めますよ!
相変わらず、好き勝手やるのを許容してくれるのを感謝こそすれ、「協力してくれない!」などとは思ったりしないたちなのです。
旅行の手配なんて、よりモチベーションが高くて、慣れてる方がやればいいのよ。

行きたいところは、ずーっと前から決めてました。
甘いものとお散歩が好きで、インテリアの仕事をしてる彼と一緒にいくなら、パリが絶対に楽しい!
単に私がパリが好きで、これまでにも6回くらいかな?行っていて慣れているので、気構えすぎずに楽しめるというのもあります。

ということで、さっそく、航空券とアパルトマンの手配を始めたところ。
10月に行くことにしたのだけど、意外にもう、飛行機も部屋も埋まり始めているんですねー!
日程なんかも1日の違いとか悩んでる暇はない!と、とにかく確保。
どうする?どうする??と悩んでたことも、決めちゃえばそれでよくなる。あとは、準備を進めるだけです。

飛行機は成田発着のJALで、アパルトマンは、本当はもっとパリの真ん中へんの、パリらしい!という雰囲気が良かったのですが、今回は15区の高層マンションのお部屋になりました。
私はあんまり馴染みのない場所なのですが、よく見てみたら、去年の9月に行ったときにこのマンションの前を通ってたみたいで、この写真を撮った辺りと思われる。
a0352094_12043511.jpg
行ったことがある場所だと思うと、気が楽になります(*´-`)

さー、またいろいろ、楽しいことを考えよう!

[PR]
# by la_neige_21 | 2016-07-13 12:11 | ハネムーンのこと | Comments(0)