大人婚、結婚準備日記

laneige21.exblog.jp
ブログトップ

初めて指輪を見に行ってみた

まずどこから手を付けるか・・・人によって事情も様々かと思います。

私の場合は、結婚に具体的に向かうきっかけが「指輪」だったなと思います。

クリスマスプレゼント、もともとは「ネックレスが欲しい~!」とリクエストしていたのですが・・・
いやいやちょっと待て、ネックレスもらってる場合じゃないや。指輪が欲しい!と思い直しまして。
彼のためのプレゼント(靴)を二人で買いに行った帰りに、「一緒に指輪屋さんに行ってほしいなー」と。

「指輪ってどこで売ってるの?」というレベルの彼と、まずは東京駅付近から銀座にかけてのいくつかのファッションジュエリーのお店の店頭へ。
クリスマス直前、アクセサリーショップは混んでいる時期なので、気軽に見るには一番いいタイミングとも言えますね。

「アクセサリーって、こういう感じで売ってるものだよー」ということと、「一般的に普段使いするようなもので、こういうお値段だよー」というものを何となくつかんでもらいながら、見に行くお店をその場で決めました。

選んだのは、「1/f(えふぶんのいち)」さん。
行きやすい銀座と上野に店舗があり、自社工房を持っていて扱っている品物も悪くなさそう、かつ、私の勤め先の福利厚生対象に入っていて、その割引もかなり大きい、というところがポイントです。

私たちが行ってみた店舗は銀座1丁目にあるお店。
予約はしませんでしたが、快く店内を自由に見せていただけました。
1/fさんの店内には主なデザインのリングを自由に試着できるテーブルがあります。
普通は、ショーケースにあるものを「これを出してほしい」と意思表示しないと試させていただけないと思うのですが、こちらでは、テーブルにテグス(?)でつないであるリングを自由にはめてみられるので、こういうのが好き、こういう方が似合うと、次々試せます。

こんな感じ。
a0352094_17294818.jpg

お店の方は付かず離れず。
「気になるものは、ぜひ写真を撮っていってください」とお声をかけてくださいました。
(カタログを作っていないとのことで、気に入ったものを自由に撮影していいそうです。価格を抑えられる理由がこういう部分にあると分かると、それも好印象でした)

気になるデザインで、見積りしてみたいなーとお願いすると、カウンターに案内されます。
どこのお店でもあるかと思いますが、まずはダイヤモンドの4Cの説明。
どの項目に価値を置くかは人それぞれですよという話をしたり、ぴったりのサイズも教えていただき、思っているよりも細い号数でないと合わないことにびっくりしながら、実際の商品を見せていただきます。
ダイヤモンドのルースは、希望に合いそうなサイズで3種類ほど見せてくれました。
値段の違いや4Cのどの部分が影響しての価格かなども詳しく説明してもらえて、わかりやすいです。
その時その時でやっているキャンペーンのことや、見積もり有効期限なども明確。

私たちは指のサイズが二人とも相当細いことも影響してか、総額がもともとそんなに高くなかったのですが、キャンペーン併用で12万ほど割引きがあり、30万ちょっとでエンゲージ・マリッジとも揃うという見積もりになりました。

ちなみに、エンゲージリングの割引の表記で「●●%OFF(センターダイヤモンド対象)」という書き方をしているのを見たことありますでしょうか?
宝飾関係の方には当たり前の言い回しなのかもですが…。
私は、意味がよくわからなくて、調べたりしてみたのですが、お店に行ってみるまでやっぱり分かりませんでした。
要するに、ダイヤモンドルースの金額だけ割引になって、台の部分(メレダイヤなども含め)は割引対象にならないよ、という意味のようです。
1/fさんの割引は、私の行った時のキャンペーンでは「総額から●●%OFF」とのことで、非常に分かりやすくて、良心的な内容でした。

お茶とピエール・マルコリーニのチョコレートも出してくださって、ゆったりとした気持ちで安心して相談できました。
最後まで、「売らんかな」の雰囲気はまったくなく、気持ちのいいお店です。

私は、もうここで買ってもいいんじゃないかな~と思っていたのですが。
ちょっとこの後、別の展開になったのでした・・・続く。

[PR]
by la_neige_21 | 2016-01-24 17:59 | リングのこと(婚約指輪・結婚指輪)