大人婚、結婚準備日記

laneige21.exblog.jp
ブログトップ

針仕事ちくちく【サッシュベルト改造編】

さて、もうひとつ小物に小細工。
サッシュベルトの手直しです。

ドレスが届いて、サッシュを巻いてバランスを見てみようと思ったら、バランス以前の問題が!
ビスチェ部分のパールビーズとスパンコールの装飾が、サテンのサッシュに響いてしまって、表面がでこぼこになってしまって非常にカッコ悪いのです(*_*)
いやー、盲点!
a0352094_15495950.jpg
このままだと嫌だなぁ~と、解決策を求めて、ユザワヤ徘徊。
そこで見つけたのが「杉綾テープ」というやつです。
コットンのテープで、手芸ではよく使われるものみたいで、幼稚園バッグの持ち手だとか、丈夫にしたい袋の口の裏打ち、薄いものだとバイアステープの代わりなどにもなるみたいです。
今回は、お店にあった一番太くて厚いもの、5cm巾で厚みが1mmくらいの種類を買いました。1mで、300円くらい。

杉綾テープをウエストを一周弱回る長さで切って、リボンの長さの中央とテープの中央を合わせて、幅をちょっとはみ出させて留めます。
a0352094_15581278.jpg
写真のサッシュの真ん中の折り目は、譲ってくださったもとの持ち主の方が使用したときの名残です。
ここと比較すると、約1.5cmくらい幅の中央からずらしているのが分かります。
そうしないと、結んだときに杉綾テープがサッシュからはみ出してしまうんですね。
a0352094_16002368.jpg
こんなふうに折って、テープの見えている側を内側にして結ぶと、テープがうまく隠れてくれます。
留め方は、一番真ん中と、テープの両端、そしてこの3点の真ん中と、合計5箇所を縦に縫い留めています。
だーっと横に全体を縫ってしまうと、テープとサテンの伸び率が違うので、結んだときヨレが出てしまうと思うのです。

この状態でむすぶと、こう!
a0352094_16015099.jpg
でこぼこ、全然みえなくなりましたー!

改めて、テープを仕込む前と後を並べると、この違い!
シルエットが全然違います。
a0352094_16072735.jpg
我ながら、大満足です!ヽ(´▽`)/
裏打ちを入れることで、表面の綺麗さはもちろん、幅がぴしっと決まって、帯部分の高さも結び目に影響されず均一に収まるようになりました。

私の場合、明らかにカッコ悪かったのでこれを思い付いてやりましたが、あまり響く装飾がないドレスの方も、裏打ちしたサッシュベルトだとより綺麗だと思います。
浴衣の帯も、帯板入れる入れないで、全く美しさが違いますもんね。
特に、グログランやベロアではなく、サテンのベルトを使われる方には、おすすめです!

[PR]
by la_neige_21 | 2016-05-01 16:10 | ドレス・小物のこと