大人婚、結婚準備日記

laneige21.exblog.jp
ブログトップ

結婚報告ポストカード作りました

新居もそこそこ片付いてきたので、引っ越しの案内を兼ねて結婚報告用のポストカードを作ることに。
年末に近ければ年賀状と兼用でいいと思うんですけどね、さすがに5月挙式なので、専用のものを用意することにしました。

引っ越しの最中はとにかく忙しかったので、さすがにどこかのウェディング葉書の専門業者さんに頼もうかなぁと思ったのですが…
ちょっと調べてみると、100枚で17000円くらい、200枚で22000円とか!
た…高い!(>_<)
結局、入稿データを自分で作って、プリントパックで印刷を頼むことに。

このブログに来てくださる方が、自前で入稿データを作れるってことは、あんまりないよな~とは思うのですが、あまりの価格差に、それでもご紹介したくなりました。

ここ最近は、ほんとうに安くネットで印刷を頼むことが出来ます。
会社によっては、MS Officeで作った資料や、PDFもそのまま印刷出来るところがあるので、Illustratorなどの形式で作れなくても、やれる方法があると思うのです。
または、身近に趣味ででも、そういったソフトを扱える方がいる場合もありますよね。
それなら、データ作製を頼めないか聞いてみることをお勧めします。

なぜなら…
プリントパックでの印刷が、100枚で1350円、200枚で1735円(送料込み)だったから、なんです。
ちなみに、1000枚作っても2960円。専門業者の簡易見積もりでは、97000円だって!(*_*)

しかも、入稿してから届くまで納期7日以内の設定で(実際には4日で届きました)、さらには印刷予備が30枚ほど付いていました。

a0352094_00451994.jpg

データ作製を誰かに10000円でお願いしたとしても、200枚頼むなら半額くらいで出来てしまいますよー。

ちなみに、下記の仕様で作成しました。
●紙の種類:マットコート
●紙の厚さ:220kg
●色数:表裏とも4色(4色=フルカラーです)
●オプション:なし(角を丸くするとか、折りスジを入れるとかのオプションが選べますが、不要です)
●納期:7日

自分でレイアウトデータを作ることで、表のテキストも定形ではなく自分たちにしっくりくる文面にできましたし、宛名面のスタンプ部分にイニシャルロゴを配置したり、下半分に薄く柄を入れたりと、オリジナルなものを作れたのも良かったです。
専門業者さんのテンプレートって、テキストも「私たち結婚しました!」みたいな感じで、レイアウトもちょっとはじけた感じだったり、変にハートハートしてたり…アラフォーには今一つ辛いんですよね(笑)

私の場合、披露宴で配ったプロフィールブックも、同じように自分でデータ作成してプリントパックで印刷したものです。

a0352094_00463905.jpg
仕様は、A4の110kgのコート紙で両面4色。
横位置で、1/3の幅に「巻三つ折」にしてあります。
オプションは無しです。(折りスジも無しで、自分でちまちま折りました)

こちらに至っては、初回割引もあり100部(予備付き)で700円でした。
式場でも、席次表の裏側にプロフィールを印刷するオプションがあったのですが、1部400円とのことだったので…(^_^;)
ゲストの少ない私たちでもコストを1/10以下に押さえられたのだから、たくさん人を呼ぶ場合はなおさらですね。

身近にやってくれる方がいるようなら、ポストカードとあわせて15000円くらいでお願いってのもありだと思います。
(私がもし頼まれるとしたら、知り合いならお祝いの意味も含めて、このくらいで引き受けるかなという感覚です。
ただし、イメージや原稿は詳細に。全部お任せ~というのは、負荷が大きいので、私なら嫌かな~。
知り合いの方に引き受けてもらう場合は、「デザインしてもらう」ではなく、「希望のレイアウトを入稿データにする」を頼むというスタンスをお勧めします!)

値段の話ばかりですみません(>_<)
でも、結婚式ってやっぱりかなりお金がかかること、しかもそこから始まる生活が本番ですもんね。
節約したい!と思っている方の参考になればと思います。

[PR]
by la_neige_21 | 2016-06-28 12:02 | ペーパーアイテムのこと