大人婚、結婚準備日記

laneige21.exblog.jp
ブログトップ

祖父母挨拶回り、プチ旅行③

亀の歩みの旅行記更新、ぼちぼち書いていきます(^^)

仙台駅前で一泊して、翌日は朝からまず旦那さんのおばあさまのところへ向かいます。
仙台駅から電車でだいたい30分くらい。
駅までは、結婚式にも来てくださった、おばさまがご主人と一緒に車で出迎えてくださいました。

この辺りは、少なからず震災も影響があったところですが、おばあさまのお住まいは大きな被害はなかったとのこと。
少し高台になった場所の一軒家にお一人暮らしですが、おばさまご夫妻が近くに住んでいらっしゃるので、何かと安心ですね。
お年を召してはいらっしゃるけれど、とてもしっかりされていて、かわいらしいおばあちゃまでした。

一緒にケーキを食べて、お土産に作っていった結婚式の写真のフォトブックを見ながら、久しぶりに見る孫たち(旦那さんの兄弟ですね)の姿に、老けたのなんだのとあーだこーだ言って笑い、一緒に写真をとり。
初めてお会いする私にも、とても優しくしてくださって、いろいろお話してくださいました。

旦那さんも子供のころには毎年夏休みに来ていたということなので、東京生まれ東京育ちながら、ここが「田舎」という感じなのかなぁ。
小さいころに行っていた夏の間だけのプールが、今も営業していたりと、懐かしかったようです。

あっという間でしたが、午前中いっぱいをお邪魔させていただいて、仙台へ戻り今度はバスで山形へ向かいます。

仙台から山形までは、1時間に3本ほど出ている高速バスで、約1時間。
2枚つづりの回数券で、1人850円程度で移動することができます。
駅前でコーヒーを買って、うとうとしながら短いバスの旅。
安いし、速い!これでは、山形の若い人たちが、地元でお金を落とさずに仙台に買い物に来ちゃうのも、わかるなぁと思います。

バスを降りたところに、こんどは私の両親が車でピックアップしに来てくれました。
今回は、せっかくなので!ということで、祖父母の家に両親も一緒に顔を出し、その足で両親と私たちの4人で温泉に行くのです!わーい!
(うちの父は無類の温泉好きで、隙あらば温泉に行きたがります 笑)

父の運転で、狭い山形市内を少し案内しつつ、祖父母の家へ。
先日も私は来ているので、それほど久しぶりではないのですが、やっぱり喜んでくれますね。
私以外に結婚している孫は2人いるのですが、関西に住んでいて山形まで来るのはハードルが高かったり、子供の生まれるタイミングで事情があったりと、まだ誰も、結婚相手を連れてきてはいなかったんだなと思い当たりました。
元気なうちに、また新しい経験があって、よかったなぁと思います。

私の好きなシュークリームと、旦那さんの大好物のスイカを用意してくれていて、ちょうど来ていた叔父も一緒にお茶タイム。
本当はもっといろいろ作って食べさせたいと思ってたみたいなんですが、さすがにわれらもアラフォー・・・そんなに食べられないんだからね!と母がくぎを刺してくれたのが効いたみたい。残すのも申し訳ないので、よかったです。
前回来た時には、しまうまプリントで急いで作った、参列してくれた皆さんの写真を集めて作った小さいフォトブックを渡していたのですが、今回ももう少し立派な仕様で、プロのカメラマンさんがとってくれた写真で作ったほうも受け取ってもらいました。

今回は、「My Book」というショップで作ってもらったもの。
フルフラットの仕様じゃないのは残念だけど、表紙がしっかりしていて、フラットタイプのものより軽くていいかなとは思いました。
旦那さんのほうの親戚皆さんがたくさん移っているバージョンと、私の親戚側のメンバー中心のバージョン、2つまるっきり違うものを準備していきました。
表紙は一緒ですが、中身は全ページ、それぞれ違うんです。

a0352094_14523480.jpg

すごーく手間はかかったけど!
でも、やっぱり、知ってる顔をたくさん見たいんじゃないかなと思って、頑張りました。

最近は結構、体がきかないときいていたのですが、とにかくこの日は祖父母とも元気で。
ここのところで一番の、「変わったこと」として楽しんでくれたかなぁと思います。
(母が、「この後疲れちゃって、がっくりくるのよ、あれは。」と呆れ顔&心配そうでしたが・・・その日は叔父が残ってもう1泊止まってくれるそうだったので、だんだんとクールダウンできそうで何よりでした。。。急にガクッとなるのは怖いからねぇ。)

その後、この機会に、すでに他界している父のほうの祖父母のお墓に回って。

これにて、任務は完了!
温泉にGO!です!

[PR]
by la_neige_21 | 2016-08-11 14:53 | 東北プチ旅行