大人婚、結婚準備日記

laneige21.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ドレスの試着、1回目①

もともと、ドレスはレンタルではなく購入にしたいなぁ、と思っていた私。
決めた式場に相談したら、プラン内のドレス費用をカットしてくれた上に、他社のレンタルだと持込料が3万円だけど、購入した持ち物なら、1万円にしてもらえるとのこと。
ヘアメイクやリハ、着付けなどは、心配しなくても持ち込みドレスでもきちんとやってくれるようです。
ほんと、いい式場選んだなぁ。

セルドレスのお店にも、中古販売、既製ドレス、サイズオーダー、フルオーダーなど、いろいろな形態のドレス屋さんがありますが…

私が、ここがいいかなーと思ったのがクロヤショップさん

愛知県に本店がある、パリウェディングの斡旋とサイズオーダーのドレスのお店です。
たくさんたくさんドレス写真があって、どれもなかなか素敵なのに、ボリュームゾーンが6~8万円。

見てみたい!ということで、早速来店予約を入れました。
好きな感じのドレスって、なんとなくはあるけど、実際にどんなものが似合うのかわからない…ということで、まずは本当にノープランで。

クロヤショップさんは、千代田線千駄木の駅から3分くらいのところ。
マンションの1階にあるお店で、ドレスとタキシードがウィンドウに飾られています。
私が予約時間ちょうどに行くと、前のお客さんが出てきたところでした。
けっこう予約が詰まってるみたいですね~。
前のカップルさんが、とてもにこにこ楽しそうに出ていらっしゃったので、なんだか期待も高まります。

挙式日などの簡単なアンケートを書いて、オーダーの説明を受けた後にすぐ、着たいものを選ばせてくれます。
スタッフの方が、うまく希望を聞き出してくださるので、ありがたい。

聞き出してもらって出てきた、私の希望は、こんなところだったみたいです。
★持ち込みドレスはシワのケアが心配なので、もともとの素材がシワになりにくいものがいい
★あんまりゴージャスにならずにシンプルな感じ
★顔が丸顔で、二の腕もなかなかの迫力なので(涙)それがすっきり見えるものがいい
★袖あり、タンクトップ型は嫌

その希望をもとに、タイプの違う3着のドレスをピックアップして、いざ試着です!
なんだか、たのしーい!!(笑)

長くなったので、詳細は次の記事へー。

[PR]
by la_neige_21 | 2016-01-31 12:55 | ドレス・小物のこと

ブライダルフェアに行ってみた(式場決定)

さて、予約サイトで比較検討して、専門式場1件とホテル1件に式場見学に行ってきました。
2件見て、結局、1件目に見た専門式場にお願いすることにほぼ即決でした。

人それぞれ、何に重点を置くかは違うと思いますが、私の場合、「ここにしよう」と思ったポイントをいくつか。

●施設のきれいさ、清潔さ
 こちらの式場、最近全面リニューアルしたばかりで、どこも新しくきれいな会場なんです。
 来ていただくゲストにも、気持ちよく過ごしてもらえるかなと思いました。
 ホテルが、むしろクラシックな雰囲気が売りのところでしたので、ちょうど好対照というか。
 私たちの場合、あらゆることを仰々しくしたくないということもあり、ヨーロッパの教会を思わせるホテルのかわいいチャペルより、モダンでシンプルな、専門式場の方に軍配が上がりました。

●プランナーさんやスタッフの方の印象
 ホテルの方のプランナーさんも感じが良かったのですが、専門式場のプランナーさんの方が、よりしっかりした感じ。
 二人とも、とってもかわいい女性なんですけど、落ち着きが上かな、頼れそうかなという点で、プラス評価でした。
 式場の建物は新しいですが、スタッフの方々は以前からの方できちんとされていますし、そういう点でもいいかなと思いました。

●お料理・飲み物
 料理については、どちらも十分にいい感じでした。
 ホテルも、レストランがしっかりしていますし、専門式場は母体がレストランなので、安心感もあります。
 ただ、大きく違ったのが飲み物。
 式場の方は、フリードリンクがプラン内で30種類!
 ソフトドリンクとノンアルコールカクテルも10種類含まれているんです。
 お酒を飲まないゲストが多いので、そういう方にも喜んでもらえそうだというのはとても大きなポイントでした。
 しかも、控室用の飲料、ウェルカムドリンク、乾杯酒も、全て通常のフリードリンクに含まれています。
 一方ホテルは、ビール・ウィスキー・赤白ワイン・ソフトドリンク2種という感じ。ごく普通ではあると思いますが。
 ウェルカムドリンクなども別料金でした。

●見学の際の丁寧さ
 ただ施設を見るだけではなく、スクリーンの実際の投影を見せてくださったり、音楽をかけたり、会場のカーテンオープンを実際にやってくださったりと、手間のかかるオペレーションまで見せてくれたこと。
 ホテルの方では、会場に入ってプランナーさんが説明してくれるという感じでした。こちらの方が普通なんだと思いますが。。。

●場所
 遠方のゲストに便利なことはもちろん、私たちにとってはこちらの式場がなんと自宅から徒歩圏。
 私たちは休日が合わないので、打ち合わせひとつでも、場所が近いことはとてもメリットになります。

●明朗会計
 自分でよく考えてみてもこれより見積りが大幅に上がる理由がない、というレベルの見積りを出してくれたこと。
 例えば、先に出た飲み物の話と重なりますが、ウェルカムドリンク・乾杯酒がプランにそもそも込みになっているとか。
 ヘアメイクに、メイクリハがはじめから入ってるとか。

●その場で決めなければならない圧力と、初回来場での特典プランの設定がない
 こちらの会場、内金なしで一週間の期間、仮予約ができるんです。
 よくある「初来店で成約の場合のみ」の、かくし球みたいなプランが出てくることもなく。
 あれ、嫌なんですよ。。。
 今頼んだら30万安くできますよ、ってことは、30万安くやっても、同じクオリティのことがもともと出来るってことなんですよね。
 というか、つまりその値引き分って、他のカップルが支払う金額で、トータルの収支で合うってことでしょ。
 じゃ、私が値引きなしでお願いしたとしたら、その幾ばくかは、他のカップルのカバー分になるんだよね?
 それってなんか、モヤモヤしません?
 こちらの式場は、ちゃんと納得いくまで考えてから返事をしても、損したって思うこともなく気持ちよく決められる。
 その姿勢がいいなと思いました。

●日程
 しかも、うまいこと、ちょうどいい時期に大安の土曜日の午後が空いていたんですよね。

かくして、さくっと式場検討も完了。
彼の意見・・・は、基本的に、私に合わせてくれるので(笑)
これにしようね、と決めて、改めて二人で一緒に申込みに行くことにしました。

[PR]
by la_neige_21 | 2016-01-30 00:09 | 式場選びのこと(ブライダルフェア)

この靴にしよう

ちょっと大筋から離れますが。

かなり短期間で結婚式の準備をするとなると、いろいろなことを平行して悩むものなんですね。
本当に細々した、あらゆることを決めないといけないんだなー。

ゲストから見て気になるものじゃないけど、当日を気持ちよく過ごすためには大事なものがいくつかあります。
そのうちのひとつ、ブライダルシューズ。

式場の申込みすら終わってないのに、いきなりずいぶん些末なところにいったなぁという感じがしますが。

実は私、ドレスをレンタルじゃなく購入したいと思っていまして、そうすると、どうしても決定・発注がレンタルより早くなります。
早くドレスを決めようと思うと、その前に靴やインナーを決めてしまった方がいい。
ということで、早めに靴選ぶかなー…と調べていたら、衝撃のお知らせが!

普段からとても好きで、履きやすくて気に入っていたパンプスのブランドが、昨シーズンの秋冬ものを最後にブランドを終了してしまうそうなんです。

えええー!
ショック!!

とにかくそのブランドの売り場に行かなくては!
…と、慌てて伺ったところに、この子が待っていてくれたんです。

a0352094_00260489.jpg

私が、とても気に入っていて、オールブラックのものとベージュ&ブラックレースのもの、すでに2種類もっているパンプスの同じ型の、真っ白バージョン。

横からのルックスも、とても好み。

a0352094_00254622.jpg
8cmほどのピンヒールですが、私にとって履きやすいことは、もう確実。
しかも、ブランド終了の売り尽くしのため、もともとは2万円強のはずですが、なんと5000円!

その日一日だけ、衣裳屋さんの靴を借りても、そこそこのレンタル料がかかりますしねー。
買ったものなら、その後も、春夏の普段用としても使えますし。
これよりいいものに出会えるとはとても思えない!

ということで、まずは、とても納得のいくブライダルシューズを手に入れられました。

[PR]
by la_neige_21 | 2016-01-28 23:28 | ブライダルシューズのこと

式場とのご縁、見学予約

リングのことばっかり考えているわけにはいきません。
「結婚式」をやろうとするなら、まずはどこで、いつできるのかを考えなくては。
今回は、どちらかというと、私の家側の希望があって「結婚式をやるぞ」ということになった感じだし、彼のお家ではご兄弟も式をしていなかったり、彼自体ほとんど結婚式に出たことがなかったり・・・
現実にするには、私が主導しなければならぬ!という状況なのです。

ということで、とりあえず、大手サイト「みんなのウェディング」で検索!
(結婚式に特化した、まとまった情報があり、こちらのサイトは見易かったです。)
少人数でやれること、遠方のゲストにとって交通が便利なことを第一条件に、いくつかの式場を、独断でピックアップしました。

候補にあげたのが
●ホテル、3件
●専門式場、1件
●レストラン、3件
その中から、ホテル、式場、レストランそれぞれ1件ずつに、まずは見学予約を送ってみました。

レストランは、希望のタイミングでの予約が、4つほど候補を挙げたのに合わず。
これは、しょっぱなから縁がないんだなと、諦めます。
こういうので躓くってことは、むりに捩じ込んでもだいたいうまく行かないものだと思うわけです。

残る、ホテルと専門式場に見学に行ってきました。

[PR]
by la_neige_21 | 2016-01-27 00:48 | 式場選びのこと(ブライダルフェア)

本命が好き

よろよろしながら、松屋銀座のMIKIMOTOへ向かった私。

高級感を出すためかな、ちょっと明かりが落とされた雰囲気の宝飾フロア。
さっきのこともあり、ちょっと遠巻きに眺めてしまう、小心者です。
が、せっかく来たんだし。。。と、カウンターのブライダルリングが置いてありそうなところにおそるおそる近づく。。。

と。
「ご結婚指輪をお探しですか?」と店員さんが声をかけてくださいました。

そうなんです、まだ下見なんですが・・・と遠慮がちに言うと、ケースの中のものをいくつか、説明してくれます。
こっちのシリーズは一番プレーンなもので、石がないもの、1個、3個、5個と増やしていけます。
太さはこれが一番細くて・・・といった感じ。
「よろしかったら、お試しになりませんか?」
にこやかに言ってくださる店員さん。

嬉しいー(涙)
試してみたいものを伝えると、どんどん出してくれるんです。
もう少し太い方も、とか、石の少ない方も、とか、こっちのウェーブしてるほうも・・・ありったけ試させてもらっちゃったなぁというほど、見せていただけました。
感激。

残念ながら、ブライダルのカタログがちょうど切れてしまっているとのことで、その場でパンフレットは貰えなかったのですが。
もう、癒されましたよ、ほんと。

やっぱり絶対、MIKIMOTOさんで買いたい。
気持ちを新たに、元気も回復。

ということで、帰り道に直営店に立ち寄り、MIKIMOTOのパンフレット、無事ゲット。
そして、回復ついでに、お向かいのカルティエでもパンフレットをいただいて。
(あ、ちなみに、MIKIMOTO直営店、カルティエとも、ダメージを受けるような扱いは一切ありませんでした。当然でしょうけどね~)

勉強になったな・・・とか思いながら、ある程度の目的は果たして、帰途についたのでした。
a0352094_00245121.jpg

[PR]
by la_neige_21 | 2016-01-27 00:47 | リングのこと(婚約指輪・結婚指輪)

ジュエラーのお店に行ってみる

いろいろとお金のかかることが多いし、あんまり贅沢を言ってはいけないかなぁと思ったものの、マリッジリングは一番長く毎日でも使えるもの。
せっかく予算にも余裕が出たということで・・・言ってみました!
「指輪、ここのが欲しいっていうのが実はある」と。

何を隠そう(別に隠さなくてもいい)憧れの日本の老舗ジュエラー、MIKIMOTO様です!

何の理由もなく買うには、一粒パールのネックレスくらいしか手が届かないですが、結婚指輪なら。
一生に一度だし!と、けっこう私としては思い切って言ってみたのですが、彼の反応は「へー、そうなんだ」と、非常に薄い。
もしや・・・もしや、君は知らないのか?MIKIMOTOを!
・・・もともと貴金属類にまったく興味のない人なのですが、男兄弟だけだというのもあるのか、本当に知らないらしく。
「いいよ、それがいいならそれにしようよ」とのこと。

えへへ、それはとてもうれしい。
でも、せっかくなら、彼にも納得してもらって選びたいな~と思った私。
とある休日、一人で銀座ジュエラー巡りを敢行することに。
目的は、パンフレットゲットです。

いわゆるジュエラーたちのブライダル関係のパンフレットを並べてみて、もちろんハイジュエラー以外も含めてこの世にはこういう世界があって、選択肢があって。
いろいろある中から私たちはこれを選ぼうよって、話してみたいなと思ったのです。
(1/fさんに行った時とは、ちょっと私の考え方も変化したのかな。という気もします。)

さて。まずは、この機会を逃したら二度と行くことはないであろう筆頭。
石付きのマリッジが欲しかったのもあって、ハリー・ウィンストンへ足を踏み入れて・・・みたのですが。

うーん、私、もの知らずで申し訳なかったのかもなんですけどね。。。
ハリー・ウィンストンは、事前連絡をしていない人はお断りだったんですかねー。
ちょっと見せてほしいといっても、入り口近くの小さいショーケースの前で、マリッジはこれとこれしかありません。
パンフレットのこのページに載ってます。以上。
さー、お帰りください。
みたいな感じ。

ははは。苦笑。
私がぜんぜんお金持ちに見えなかったのかもしれませんが・・・でも、結婚指輪だけは奮発する気がある人だったかもしれないですよ?
あの扱いはひどいよな、と思いました。
事前予約が必須なのならば、せめて、そう言ってくれればいいと思うんですけどねぇ。

という仕打ちを受けて、正直最初からダメージを受けた私・・・
あー、なんかもうめんどくさくなった。
ということで、本命のパンフレットもらいに行って、もう帰ろ。と、MIKIMOTOへ行くことに。
ダメージでよろよろしておりまして、直営店ではなく、ハリー最寄りの松屋銀座の中の店舗へと向かいました。

続く。

[PR]
by la_neige_21 | 2016-01-27 00:10 | リングのこと(婚約指輪・結婚指輪)

婚約指輪、リフォーム情報を探せ!②

ハーフエタニティリングの大幅サイズ直しをやってくれそうなところを探して発見したラスフローラさんのホームページから、早速ご相談してみることに。
3枚画像を付けることが出来るフォームだったので、
●現物の写真 2枚(石側から1枚・裏側が見えるものを1枚)
●どういう仕様になっているかの詳細、手書きのイラスト
を添付しました。

夜遅くに送信して、翌日、早々に返信が。
きた・・・!とドキドキしながら見てみるとーーー

「添付いただきましたお写真のハーフエタニティリングを12号から7号にするお見積もりといたしましては、¥9000前後になるかと思われます。
各お石がしっかりと爪にて留まっておりますので、おそらくお修理可能かと思われます。」

とのこと!
ああ、ネット社会すごい。助かる。

さっそく彼に報告し、お母様に報告&お礼した上で、お直しに出そうということになりました。
(お礼のタイミングが遅くなり、この記事を書いている時点ではまだお直しに持って行っていないので、実際のレビューはまた後日です。)

一つ心配事が減って、一安心。

ところで。
前に1/fさんで見たマリッジリングは、ウェーブのラインだったからこのエタニティには合わないな、とふと思う。
ありがたいことに、エンゲージリングを購入する必要がなくなったので、マリッジは憧れのあれをおねだりしてもいいかなぁ・・・?

指輪選びの旅は、まだ続くのでした。

[PR]
by la_neige_21 | 2016-01-24 18:40 | リングのこと(婚約指輪・結婚指輪)

婚約指輪、リフォーム情報を探せ!①

さて、1/fさんのあの指輪でいいんじゃないかなーと思っていたところに、彼のお母様からとってもとってもありがたいお申し出が!
「よかったら、私の婚約指輪をもらってくれないかな~」とおっしゃっていただいているとのこと!

えええええ!
うれしい!!!

もともと、成人式にも母の振袖を着せてもらい、「受け継ぐ価値」みたいなものが好きなタイプではあるのです。

ただ、私たちの親世代の頃の流行は、爪がかなりゴツいのがスタンダード。
正直ちょっと古い感じではあるのかな、と思っていました。
が!
これだよーと現れたのはなんと、ごくシンプルなハーフエタニティ。

すてき!狂喜乱舞!!
嬉しすぎるー。

しかし、一つだけ問題が。
お母様の指輪が、12号。
私の指が、7号。

その差、5号分。

エタニティリングのサイズ変更のことを調べると、ほとんどの情報で、「フルエタニティはサイズ直し不可」「ハーフでも、プラスマイナス各2号の変更が限界」と書いてあるのです。
えー、5号も小さくするのなんて、無理なの・・・???

どうにかならないか!?と探しまくったところ、みつけたのがこちらのお店。
ラスフローラ
表参道にある、ジュエリーリフォームのお店です。
実例のページには、多石リングの大幅サイズ変更などの事例もちらほら。
ここならもしかしたら。
まずはメールで問い合わせてみることにしたのでした・・・続く。


[PR]
by la_neige_21 | 2016-01-24 18:22 | リングのこと(婚約指輪・結婚指輪)

初めて指輪を見に行ってみた

まずどこから手を付けるか・・・人によって事情も様々かと思います。

私の場合は、結婚に具体的に向かうきっかけが「指輪」だったなと思います。

クリスマスプレゼント、もともとは「ネックレスが欲しい~!」とリクエストしていたのですが・・・
いやいやちょっと待て、ネックレスもらってる場合じゃないや。指輪が欲しい!と思い直しまして。
彼のためのプレゼント(靴)を二人で買いに行った帰りに、「一緒に指輪屋さんに行ってほしいなー」と。

「指輪ってどこで売ってるの?」というレベルの彼と、まずは東京駅付近から銀座にかけてのいくつかのファッションジュエリーのお店の店頭へ。
クリスマス直前、アクセサリーショップは混んでいる時期なので、気軽に見るには一番いいタイミングとも言えますね。

「アクセサリーって、こういう感じで売ってるものだよー」ということと、「一般的に普段使いするようなもので、こういうお値段だよー」というものを何となくつかんでもらいながら、見に行くお店をその場で決めました。

選んだのは、「1/f(えふぶんのいち)」さん。
行きやすい銀座と上野に店舗があり、自社工房を持っていて扱っている品物も悪くなさそう、かつ、私の勤め先の福利厚生対象に入っていて、その割引もかなり大きい、というところがポイントです。

私たちが行ってみた店舗は銀座1丁目にあるお店。
予約はしませんでしたが、快く店内を自由に見せていただけました。
1/fさんの店内には主なデザインのリングを自由に試着できるテーブルがあります。
普通は、ショーケースにあるものを「これを出してほしい」と意思表示しないと試させていただけないと思うのですが、こちらでは、テーブルにテグス(?)でつないであるリングを自由にはめてみられるので、こういうのが好き、こういう方が似合うと、次々試せます。

こんな感じ。
a0352094_17294818.jpg

お店の方は付かず離れず。
「気になるものは、ぜひ写真を撮っていってください」とお声をかけてくださいました。
(カタログを作っていないとのことで、気に入ったものを自由に撮影していいそうです。価格を抑えられる理由がこういう部分にあると分かると、それも好印象でした)

気になるデザインで、見積りしてみたいなーとお願いすると、カウンターに案内されます。
どこのお店でもあるかと思いますが、まずはダイヤモンドの4Cの説明。
どの項目に価値を置くかは人それぞれですよという話をしたり、ぴったりのサイズも教えていただき、思っているよりも細い号数でないと合わないことにびっくりしながら、実際の商品を見せていただきます。
ダイヤモンドのルースは、希望に合いそうなサイズで3種類ほど見せてくれました。
値段の違いや4Cのどの部分が影響しての価格かなども詳しく説明してもらえて、わかりやすいです。
その時その時でやっているキャンペーンのことや、見積もり有効期限なども明確。

私たちは指のサイズが二人とも相当細いことも影響してか、総額がもともとそんなに高くなかったのですが、キャンペーン併用で12万ほど割引きがあり、30万ちょっとでエンゲージ・マリッジとも揃うという見積もりになりました。

ちなみに、エンゲージリングの割引の表記で「●●%OFF(センターダイヤモンド対象)」という書き方をしているのを見たことありますでしょうか?
宝飾関係の方には当たり前の言い回しなのかもですが…。
私は、意味がよくわからなくて、調べたりしてみたのですが、お店に行ってみるまでやっぱり分かりませんでした。
要するに、ダイヤモンドルースの金額だけ割引になって、台の部分(メレダイヤなども含め)は割引対象にならないよ、という意味のようです。
1/fさんの割引は、私の行った時のキャンペーンでは「総額から●●%OFF」とのことで、非常に分かりやすくて、良心的な内容でした。

お茶とピエール・マルコリーニのチョコレートも出してくださって、ゆったりとした気持ちで安心して相談できました。
最後まで、「売らんかな」の雰囲気はまったくなく、気持ちのいいお店です。

私は、もうここで買ってもいいんじゃないかな~と思っていたのですが。
ちょっとこの後、別の展開になったのでした・・・続く。

[PR]
by la_neige_21 | 2016-01-24 17:59 | リングのこと(婚約指輪・結婚指輪)

結婚式の準備、始めました

結婚式の準備を始めました。

すでにアラフォーに差し掛かっている私…
そもそも「家族が欲しい」ということを明言した上で、半年ほど付き合ってきた彼と、いろいろと相談しながら動き始めたところです。

準備を始めてみて、改めて思うこと。
10年以上前からいろんな友達の結婚式に出席してきたけど、本当にやることって色々あるんだなぁ、みんな大変だったのだなぁ…。

そんな中、多くの先輩花嫁さんたちが書き残しているブログがとても参考になったので、私もちょっと残しておけば、誰かの役に立つのかもなぁという思いと、日記のようなものも記念になるかなという気持ちで、このブログに書いていくことにしました。

さて!
アラフォー花嫁は、お若い花嫁さんたちのように、1年近くかけてじっくり準備をするような余裕はありません!
時間をかければかけるだけ、次のライフステージに残された時間が減るだけです。
特に、子供が欲しいなんて思うなら、1か月でも早いほうがいい。
(授かれるかどうかは別として、場合によっては私の命にも係わることですしね。)
ということで、「訳ありお急ぎ婚」ではないけど、できるだけスピーディーに進めていきたいなと思っています。

[PR]
by la_neige_21 | 2016-01-24 16:33 | このブログのこと