大人婚、結婚準備日記

laneige21.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

花嫁ダイエット中

何度もブログにも書いていますが、スリムなタイプとは言い難い私。。。
一番太った時期では、あとほんの少しで60㎏の大台に乗る危機もありました…。
ここ数年は、55㎏あたりになっていましたが、彼と付き合い始めて、徐々に痩せてきていました。

というのも、彼の食の好みや趣味に合わせると、自然とそうなるんです。
彼の大好物はおとうふで、毎日が湯豆腐でも嬉しい人。
炭水化物の中では、お蕎麦が最高峰。
ということで、自宅で食べる夜のごはんのほとんどがおとうふメインの鍋、たまにお蕎麦です。

趣味は散歩で、大雨じゃなければ毎日1時間前後、一緒に歩きます。
おかげで、8cm以上のピンヒールがメインだった私の靴、今ではスニーカーがずいぶん増えました。

この、夜鍋生活(炭水化物控えめ)+毎日のウォーキングで、スルスルとまず-3㎏。
52㎏になったところで、わーい30歳ごろの体重に戻った!と喜んでいたのですが。

やはり、ウェディングドレスを着ようと思うと、そんなもんじゃ生ぬるいのですね…(>_<)
背中、二の腕、ウエストの太さ。
このままでは、一生の後悔が…!

式場の決定から、本番当日までの約4ヶ月。
月に1㎏落とす!と、目標を決めました。

48㎏、20歳の頃の体重を目指して!
絶賛本気のダイエット中です。

エステのお姉さんたちも、「ブライダルのお客様は、ほんとに結果を出すんですよ」と仰っていたのですが、今なら分かります。
やっぱり、これまでのダイエットって、自分に甘いというか「このくらいいいかぁ」って思うことが止められなかったんですよね。
でも、ウェディングドレス問題は違う!
ほんとの危機感があるわけで…

でも、私には鍋と散歩という強い味方がついている!
これをベースに、きちんと食べてやつれない、月1㎏ダイエット、頑張っております。
さて、どこまで行けるかな…?

[PR]
by la_neige_21 | 2016-03-28 11:54 | ダイエットのこと

ケーキのこだわり

結婚式、ほとんど私の好きなようにさせてもらってるんですが、彼がこだわるものが、ただひとつあります。
それは、ケーキ!

料理が趣味な上にもともと甘いものが大好きで、こだわりもあるスイーツ男子な彼。
ウェディングケーキの打合せは、これまでになく積極的でした(^-^)

私たちの式場は、青山や早稲田に店舗があるパティスリー「アニバーサリー」さんと提携していて、個別にオリジナルで作っていただける人数分のフレッシュケーキがプランの中に含まれています。
過去のケーキの画像も、たくさんホームページで公開していますが、確かに皆さん凝ったものを作ってもらっています。
音楽好きのカップルさん用らしき、音符柄のものや、サッカー場をケーキの上に再現した、芝生色のデコレーションのもの。
クマさんの顔の形をした、ドーム型のケーキもありましたが、ケーキ入刀の時、頭を一刀両断でクマ退治みたいになって面白いな…と想像したり。

ですが、うちの彼の求める「オリジナル」は、そういう見た目だけのことではないのです!

●薄いグリーンをテーマカラーにしているので、それに合ったもの。
●色の希望にも繋がりますが、ベースはピスタチオのムースが希望。そこに、赤いベリーやチェリーなどで少し酸味を挟み込んで欲しい。
●コースの最後のデザートがプリン系のものなので、全部がムースの食感で終わるのではなくなにかアクセントが欲しい。
ただし、年配のゲストも多いので、ナッツやキャラメリゼなどの固いものではなく、ショコラのスポンジやメレンゲなどの口どけの良いもので変化を出してほしい。
●グリーンの色を出すのに、キウイ・抹茶は使わない
(彼がキウイが好きじゃないのと、お菓子に飲み物の味が付いているものがイマイチなんだそうです。私は抹茶クリームとか好きだけどな~)
●ケーキ表面の色は、白6:グリーン3:赤1くらいの割合。
白ベースは、ムースに合うものならば生クリームでもホワイトチョコ系のものでもいいと思う。
表面の飾りが、フルーツ+マカロン(ピスタチオかバニラ)なら最高!
●切ったときの断面が、きれいに層になっていると嬉しい。

ベースの味や外観にとどまらず、食感・味覚の変化、さらには断面のことを言い出すという、このケーキにかける情熱。
この話してるとき、ほんと楽しかったな~!
これを、実例の写真も揃えて一枚のA4資料にして提出した訳です(笑)
ちなみに、この画像はそのうちの一つ。
けっこう、イメージは沸きやすいようにしたつもりです。
a0352094_00370980.jpg
それにしても、あまりに力が入りすぎてて、プランナーさん引くんじゃない?と言い合いながら送信…。
音楽も写真も、「プロを信じるので、お任せします~」という状態の我々が、微に入り細に入り、プレゼン資料みたいなものまで出してきたので、驚いただろうなぁ。

次回の打合せまでに、パティシエさんと相談して、出来ること出来ないことを確認したり、見積もったりしてくれるそうです。

さて、どこまで希望が通るかなー?
他に我が儘言わない彼の希望、ちょっと足が出てもかなえてあげたいなと思っています。

[PR]
by la_neige_21 | 2016-03-24 23:47 | お料理のこと

余りのビーズで、ゲスト用おまけ

お色直しの時に使うアクセサリーを作るのに使った、グリーンの天然石ビーズ。
ひと束で売っていたので、まだまだたくさん余りがありました。
数えてみたら、ちょうど披露宴のゲストの人数より少し多いくらい。

余らせてももったいないしね、ということで、またもハンドメイドです。
まぁ、これって単に私の趣味なだけです…(^_^;)ビーズ大好き!
a0352094_23014135.jpg
小さめのストールピンにコットンパールと一緒につけて、お色直しのアクセサリーとお揃いの飾りピンを、ゲストの人数分作りました。
気軽な気持ちで作り始めたものの、最後の方は手がブルブルしちゃって、なんだか修行みたいでしたが(笑)

まだ、どう使うかは考え中ですが、引出物のカタログをご自宅に送付にするので、その案内カードの飾りにするか。
式場に相談して、席札に付属するようにしてもいいし。
プチギフト用の焼き菓子のラッピングに、ちょこっと留めたりしてもいいかな。

ストールピン、ブローチとしてはもちろんですが、キッチンやお手洗いのタオルがタオルかけから落ちないように留めておくとか、旅行先でハンドバッグのファスナーと本体をちょっと留めてスリ対策に使うとか、けっこう使い道があるんですよね。
男性は要らないかなと思うけど、家族やガールフレンドにあげちゃってねって言えばいいですしね。

喜んでもらえるといいなぁ。

[PR]
by la_neige_21 | 2016-03-20 22:56 | ハンドメイドアイテム

母からのハンカチ

会場でゲストのみなさんの話の種になればと、いくつか、飾り物のコーナーを作ろうと思っています。
司会を入れないので、祝電は読み上げずに好きに手にとって見られるように。
それと、二人の共通の趣味(?)が甘いものを食べることなので、これまでにシェアして楽しんだお菓子の紹介を。(これがなかなかの力作!後日、ご紹介したいと思います。)
そして、出席される方が写っているものを中心に、古い写真を飾るコーナー。
スクリーンを使った動画やスライドではなく、いつでも気軽に見ていただけるように、普通に写真を飾るつもりです。

写真がいくつも必要になるので、実家の母にお願いして、良さそうなものをピックアップして送ってもらいました。
その中に、写真と一緒にかわいい包みが。。。
開けてみると、白いハンカチ!しかも、そのうち1枚は…高級工芸、スワトウ刺繍!!

a0352094_00330759.jpg

一部ではなく全体的に刺繍が入った、とても綺麗なハンカチです。
スワトウは、作れる職人さんの減少などもあり、最近では価格も上がってなかなかこんな凝ったものには手が届きません。
私や姉が結婚するときに、と思って用意してくれていたのだとおもいます。
この年まで使う機会がなくて、もうこのまま一生タンスの中なのかなと思ったこともあったでしょう…(笑)
本当にありがたいなぁ。

実は、婚礼用として、ハンカチは初売りの時に安く買ったものも用意してあります。
プライベートレーベルのガーゼのハンカチを3枚も(^_^;)。
それと、彼の分も1枚。
1枚300円のワゴンセールでした~。
a0352094_00411006.jpg

当日は、実際に拭いたりするのにはこっちの格安ハンカチ、見えるように持つのは母のハンカチと、二段構えで持とうと思います。
(だって、スワトウ様で鼻水拭くわけになんていかないです!!)

自分のことには、なるべくお金を掛けないこととみっともなくらないことのバランスを追及している私ですが、やっぱり、結婚式に持つアイテムで、きちんとしたものが増えるって、嬉しいですね。

[PR]
by la_neige_21 | 2016-03-17 00:24 | ドレス・小物のこと

招待状が完成

先週末、式場のブライダルフェアに行ってきました。
普通だと式場を選ぶために行くことが多いと思いますが、私たちの式場では、成約後のブライダルフェアで、当日と同じ内容・量のお料理が無料で試食できるのです。
(成約前の場合、二人で5000円の有料試食会になるそうです。)
いくつかあるお料理のコースの中で、今回のフェアで食べられるのが第一希望の種類だったので、食べやすさや量の感じ、飲み物の種類などを確認がてら、楽しませていただいてきました。
美味しかった~!

その時にプランナーさんが、本当はあと一週間くらいかかる予定だった招待状を、「急いでもらってもう出来上がりましたよー!」と持ってきてくだいました!
楽しみにしていた、淡いグリーンの招待状(*´∀`)♪

a0352094_11405868.jpg

細かい切り絵状の、パールの入ったクリーム色の表紙から、爽やかな青みのグリーンが覗きます。
可愛くて、上品で、軽やか!
式当日の季節にもぴったりで、お気に入りです。

この招待状、選ぶ際に私が心の中で(これがいいな)と思いつつ…
ほとんど私が好きなようにさせてもらってるのだし、ここは彼の意見を尊重しよう!と口出しせずに見守っていたら、まさに同じものを「これが良さそう」と選んでくれたやつなんです。
見ているだけで嬉しくなる。

なので、手作りのペーパーアイテムは、この招待状のデザインを流用させてもらって作ろうと思っています。
作るのは、ウェルカムボードと、簡単なプロフィールブック。
他のもの、メニューや席次表は式場に頼んでしまうので、それにも合うように作りたいと思います。

趣味を少しだけはみ出した程度に、印刷物のデザインは得意な方。
まずは、表紙をスキャンして、画像取り込み→Illustratorで切り抜き。
これは、印刷会社で短期社員をやっていたころの私の得意技!
めっちゃ早いんです。
ただ、やはりこれはちょっと細かいので、2~3時間掛かりましたが…(^^;

一旦データにできればこっちのもの~。
これで、招待状と同じテイストでデザインを作れる準備、万端です。

招待状本体の方は、彼と好きなテレビを流しながら(録画してあった孤独のグルメ(笑))、自分で折るようになっているものを折ったり、封筒を確認したり、発送の準備をしました。
内職ごっこみたいでちょっとたのしかったな。

ホテルを手配した親戚の分には、先週末にホテルまでいってもらってきたパンフレットを同封して。
あとは、切手を買って、大安の日に投函するだけ!

これを出したら、もうほんとにカウントダウンって気がしてきました。

[PR]
by la_neige_21 | 2016-03-08 00:50 | ペーパーアイテムのこと

フリマアプリとハンドメイド、再び

インターバルとメリハリのために、やらないつもりだったお色直しを入れることにしました。
派手なことが嫌いな彼は、嫌がるかな…と思ったのですが、いいんじゃない?という感じで、意外にもすんなり受け入れてくれて、ありがたい限りです。

さて、そうと決まればやれる準備はすぐにやりたいタイプの私。
ドレスを変えずにイメージを変えるためのあれこれを手配スタートです。

まずは、サッシュベルト。
印象を変えるには、やっぱり色を変えるのが一番。
大きめの面積で、手軽に色味を足せるサッシュは、「着替えないお色直し」のメインのポイントになります。
いろいろなWeb記事を検索したり、画像検索でだーっと並べてみて、いくつか、選ぶ基準を挙げました。

色は、自分らしい色、大人カラー、季節に合わせた色、会場の背景などから。
合いそうなのは、サーモンピンク、淡いモーブ、ベージュ、ブラウン、モスグリーンなど。
逆にダメそうなのは、オレンジ、ネイビー、強い赤や黒、紫など。

次にサイズ。
リボンブランドの「木馬」の幅広のリボンをサッシュとして流用されている方も多いようですが、これだと最大でも5cmの幅になります。
色の印象を強くするためには、幅10cmは必要かなと。
同じく、しっかり面積を確保するために、ウエストに巻く部分を二重に出来、かつ結んだときにある程度の長さが垂れるように、3m以上が理想です。

そして、安っぽく子供っぽく見えないこと!
あまりお金をかける気はないですが、ぱっと見で「安そう」とは思われたくない…ワガママです。

ざっと条件はこんなところ。。。さて、どこに探しに行こう?
と、こんな時には、グローブ探しで大活躍した、フリマアプリです!

やっぱりありましたよー!
理想通りの、ステキなサッシュベルトが。
a0352094_01421599.jpg
上品な大人っぽい若草色、幅10cm、長さ360cm。
しかも、皇室関連のウェディングドレスもやっているという高級ドレスサロン、ハツコエンドウで元々購入されたものだとか。
こちらを、3000円で譲っていただけました。感謝!

お色直しでは、このサッシュに合わせて、アクセサリーを付け替えようと思います。
お色直し前は、大人らしく手持ちの本真珠のネックレスと一粒真珠のピアスを使うつもりなのですが、ここで、ガラッと変えて、大ぶりのビーズアクセに。
冠婚葬祭には本当は疑問符のコットンパールですが、お色直しと割り切って、サッシュの色を意識した天然石をアクセントに、大きなペアシェイプのピアスと、チョーカーレングスのネックレスを手作りしました。
材料費、1500円でした~(笑)。
a0352094_01533079.jpg
大きめピアスだけでネックレスなしっていうのも、大人っぽくていいかなと思っているので、実際ドレスと着けてみてイマイチだったらネックレスはなしにしようかな。

私たちの披露宴会場は、カーペットや壁のアクセントが明るいグリーンです。
更には、今印刷中の招待状の色も薄いグリーンなので、この際、お色直しも含めて、全体的にテーマカラーをグリーンにすることにしちゃおうと思います。

あとは、髪形をアップからダウンスタイルかサイドダウンに。
お色直しでなら、ヘアだけではなくメイクも変えてもらえるそうなので、そこで印象変えられればいいなぁと思っています。
あ、新郎のことを全く考えてない!
ベストとかタイを変えるのは、嫌がるかなぁ。少なくとも、ポケットチーフを似た感じの色で探してこなくてはー。

[PR]
by la_neige_21 | 2016-03-06 01:08 | ドレス・小物のこと

お色直し…!

先日、一回目の式場打合せに行ってきました。
今回は、美容関連の打合せと招待状関係。
それと、今後のその他の打合せについても、予約を取ったりしてきました。

今回のメインのひとつ、美容の打合せ。
担当者さんの説明をいただいて、何が必要で何が要らないかを挙げていきます。
もともと、それほど何かをやろうと考えていたかったのですが、それでもなかなか悩むところがありますねー!

特に、「お色直しは新郎新婦にとってもトイレ休憩を含んだ貴重なタイミング」というのが、それまで考えてもいなかったのですが、確かに!と悩んでしまいました。
それに、二人がいない間はゲストにとっても食事に集中したり、トイレにいったりと気軽な時間。
確かに、これまで自分が出た披露宴でも、そうだったなぁと思います。

うん、インターバルはとりたい。

でも、派手な退場と入場はやりたくないいいい!!

一番最初の入場については、先に会場に私たちが待ち構えてることにして、回避する予定なのですが、まさかトイレのために再びこれで悩むことになるとは…

とは言え、気持ち的には、お色直しをやっぱり入れようとほぼ固まっています。
人数も少ない、演出もない披露宴。
せめてこのくらいのメリハリがあった方が、場も締まるかなという思いもあり。
来てくださるみなさんが、退屈だったら嫌ですもんね!

ドレスをもう一着着る気はさらさらないので、会場の色に合わせたサッシュベルトの追加と、ヘアチェンジで。
ブーケは…式場フローリストをしている大事な友達がウェディングドレスに合わせて作ってくれるので、変えたくないなぁ。
チェンジ後も合う色みで作ってもらうようにしようかな。
それとも、チェンジ後は敢えてブーケは持たない?
うーん。

退場、入場に加えて、チェンジの内容も。
考えなくてはならないことが増えましたが、意外ともう時間がないんですよねー!
後2ヶ月とちょっと。
なかなか焦ってきたぞ。

[PR]
by la_neige_21 | 2016-03-03 19:34 | ドレス・小物のこと