大人婚、結婚準備日記

laneige21.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

祖父母挨拶回り、プチ旅行~おまけ~

今回のプチ旅行で、ふと思い出して、昔から大好きな郷土のお菓子を義実家用のお土産に買うことに。
それは…「ふうきまめ」というものです。

山形のお菓子で、中でも美味しいのが「山田屋」の「白露ふうき豆」!
箱入り580gのもので1000円程度。
箱がなくて、袋に入っている自宅用なら、300gくらいの包みで600円くらいです。
賞味期限も短く、予約しないとすぐに売り切れちゃったりするので、なかなか口にできないのですが、価格的にはお手頃なお菓子なのです。

a0352094_17021287.jpg

見た目、きれいな緑色ですが、まぁそうは言っても地味な「煮豆」みたいに見えます。
でもね!
あなどってはいけない…ほんとーうに美味しいんです!!
皮感ゼロのとろけるような食感に、上品な甘さ。
しっとり、あと一歩でクリーム状になっちゃうんじゃないかのぎりぎりの柔らかさ。
久しぶりに食べたけど、やっぱり絶品ー!

甘いものをほとんど食べない義理の母も絶賛。
こんな美味しいお菓子があるのよー!と、お客さまに出したところ、その方がなかなかのお菓子好きだったらしく、
「まぁ!ふうきまめじゃない、こんな珍しいものどうしたの?
美味しいのよねー!」
と誉められたそうで、なんだか鼻が高かったと(笑)ニコニコ仰って、えへへと笑う、可愛らしい義母さまなのでした。

お取り寄せもできるようなので、甘いものがお好きなら、ぜひ!
おすすめです(*´∀`)♪

[PR]
by la_neige_21 | 2016-08-25 12:15 | 東北プチ旅行

祖父母挨拶回り、プチ旅行④

ちょっとずつでしたが、それぞれの祖父母に無事会ってきて、残りの一泊はのんきに温泉です。

地元なのでひいき目もないとは言わないですが、南東北の温泉は、都内から行くには本当にいいですよ!
箱根などの近いところは、交通費はあまりかからないものの、それなりのお値段出さないとなかなか満足のいくところに泊まれないですし、西のほうは、交通費も時間もかなりかかるうえに、価格帯もけっこう・・・
地元近辺の温泉宿に慣れている私には、他の土地の温泉に行って「この値段出してこれー?」と思ってしまうことも多々あり。

さて、今回のお宿は福島飯坂にある穴原温泉の、「匠のこころ 吉川屋」です。
今回は、私の両親と私たち夫婦なので、いろいろ特典がついた「カップルプラン」を2組分で申し込みました。
親と温泉に行くのにこういうことができるようになるとは…結婚してないとできないことって、些細ながらいろいろありますねぇ。
夏休みが始まっている時期の土日だったので、格安とまではいきませんが、1人頭20000円を切った、なかなかいいプランでした。

一番新しくて高い建物の最上階、隣り合わせの広めの禁煙ルーム2部屋。
広いお部屋でぐだぐだして、大好きな露天風呂でゆっくりして。
父は、一緒に入ってくれる男子(旦那さんの事)がいるので、いつもより長風呂で楽しそうでした。

a0352094_15295871.jpg

夕食は食事処で4人席にしてもらい、プランの特典で、食事のときのグラスワインと、食後にデザート以外にケーキのプレゼントが付きます。
ケーキは、その場ではなく部屋に運んでもらうこともできるということで、私たちは夜のおしゃべりのときに食べられるように、お部屋にお願いしました。
それ以外に、ラウンジで出されているソフトクリームもついています。
カップルプラン、お得だな~。

a0352094_15303192.jpg
お夕食の先付けとメニュー。
ほかはしゃべるのと食べるのに忙しくて、写真も撮ってなかったです。
いやー、食べ過ぎ!ほんと食べ過ぎ。

翌日曜日、温泉をチェックアウトしてお昼を食べてから私の実家へ立ち寄り、ちょっとお茶を飲んで。
午後の遅めから、急に旦那さんに仕事が入ってしまったので、3時ごろの新幹線で東京へ帰ってきました。

金曜日の夜から日曜の午後だから、丸2日にも満たないプチ旅行でしたが。。。

私はいわゆる標準的なサラリーマン家庭で育ったので、土日やお盆にお父さんがお休みで、専業主婦の母と私たちとで旅行に行ったりということが普通だったのですが、旦那さんはご家族で会社をやっていて小売りを含めた自営業なので、家族旅行そのものがあまり経験がないそうです。
でも、やってみたらこういうの楽しい、と思ってくれると私は嬉しい!

さて、次はハネムーンだよー!
楽しみです!(^ワ^)

[PR]
by la_neige_21 | 2016-08-21 15:33 | 東北プチ旅行

祖父母挨拶回り、プチ旅行③

亀の歩みの旅行記更新、ぼちぼち書いていきます(^^)

仙台駅前で一泊して、翌日は朝からまず旦那さんのおばあさまのところへ向かいます。
仙台駅から電車でだいたい30分くらい。
駅までは、結婚式にも来てくださった、おばさまがご主人と一緒に車で出迎えてくださいました。

この辺りは、少なからず震災も影響があったところですが、おばあさまのお住まいは大きな被害はなかったとのこと。
少し高台になった場所の一軒家にお一人暮らしですが、おばさまご夫妻が近くに住んでいらっしゃるので、何かと安心ですね。
お年を召してはいらっしゃるけれど、とてもしっかりされていて、かわいらしいおばあちゃまでした。

一緒にケーキを食べて、お土産に作っていった結婚式の写真のフォトブックを見ながら、久しぶりに見る孫たち(旦那さんの兄弟ですね)の姿に、老けたのなんだのとあーだこーだ言って笑い、一緒に写真をとり。
初めてお会いする私にも、とても優しくしてくださって、いろいろお話してくださいました。

旦那さんも子供のころには毎年夏休みに来ていたということなので、東京生まれ東京育ちながら、ここが「田舎」という感じなのかなぁ。
小さいころに行っていた夏の間だけのプールが、今も営業していたりと、懐かしかったようです。

あっという間でしたが、午前中いっぱいをお邪魔させていただいて、仙台へ戻り今度はバスで山形へ向かいます。

仙台から山形までは、1時間に3本ほど出ている高速バスで、約1時間。
2枚つづりの回数券で、1人850円程度で移動することができます。
駅前でコーヒーを買って、うとうとしながら短いバスの旅。
安いし、速い!これでは、山形の若い人たちが、地元でお金を落とさずに仙台に買い物に来ちゃうのも、わかるなぁと思います。

バスを降りたところに、こんどは私の両親が車でピックアップしに来てくれました。
今回は、せっかくなので!ということで、祖父母の家に両親も一緒に顔を出し、その足で両親と私たちの4人で温泉に行くのです!わーい!
(うちの父は無類の温泉好きで、隙あらば温泉に行きたがります 笑)

父の運転で、狭い山形市内を少し案内しつつ、祖父母の家へ。
先日も私は来ているので、それほど久しぶりではないのですが、やっぱり喜んでくれますね。
私以外に結婚している孫は2人いるのですが、関西に住んでいて山形まで来るのはハードルが高かったり、子供の生まれるタイミングで事情があったりと、まだ誰も、結婚相手を連れてきてはいなかったんだなと思い当たりました。
元気なうちに、また新しい経験があって、よかったなぁと思います。

私の好きなシュークリームと、旦那さんの大好物のスイカを用意してくれていて、ちょうど来ていた叔父も一緒にお茶タイム。
本当はもっといろいろ作って食べさせたいと思ってたみたいなんですが、さすがにわれらもアラフォー・・・そんなに食べられないんだからね!と母がくぎを刺してくれたのが効いたみたい。残すのも申し訳ないので、よかったです。
前回来た時には、しまうまプリントで急いで作った、参列してくれた皆さんの写真を集めて作った小さいフォトブックを渡していたのですが、今回ももう少し立派な仕様で、プロのカメラマンさんがとってくれた写真で作ったほうも受け取ってもらいました。

今回は、「My Book」というショップで作ってもらったもの。
フルフラットの仕様じゃないのは残念だけど、表紙がしっかりしていて、フラットタイプのものより軽くていいかなとは思いました。
旦那さんのほうの親戚皆さんがたくさん移っているバージョンと、私の親戚側のメンバー中心のバージョン、2つまるっきり違うものを準備していきました。
表紙は一緒ですが、中身は全ページ、それぞれ違うんです。

a0352094_14523480.jpg

すごーく手間はかかったけど!
でも、やっぱり、知ってる顔をたくさん見たいんじゃないかなと思って、頑張りました。

最近は結構、体がきかないときいていたのですが、とにかくこの日は祖父母とも元気で。
ここのところで一番の、「変わったこと」として楽しんでくれたかなぁと思います。
(母が、「この後疲れちゃって、がっくりくるのよ、あれは。」と呆れ顔&心配そうでしたが・・・その日は叔父が残ってもう1泊止まってくれるそうだったので、だんだんとクールダウンできそうで何よりでした。。。急にガクッとなるのは怖いからねぇ。)

その後、この機会に、すでに他界している父のほうの祖父母のお墓に回って。

これにて、任務は完了!
温泉にGO!です!

[PR]
by la_neige_21 | 2016-08-11 14:53 | 東北プチ旅行

祖父母挨拶回り、プチ旅行②

慌てて飛び乗った新幹線、上野から仙台までは、わずか一時間半で到着です。
はやぶさ、速い!

私の姉が仙台に住んでいるので、この日は遅い夜ご飯を一緒にということになっています。
姉の仕事が終わるのが9時ごろということで、私たちは先に、仙台駅近くのホテルにチェックイン。
姉へのお土産の「ひよこ 夏箱」だけ持って、てくてくちょっと離れた約束のお店に向かいます。

こちら、ひよこ 夏箱。
花火柄です。かわいい。

a0352094_12171968.jpg

「仙台で飲むとき、何が食べたい?」と聞かれて、私はなんでも食べるけど、彼は麻婆豆腐と日本酒が好きだよ~という答えから姉が予約してくれたお店は、地下鉄広瀬通り駅すぐの「にほんしゅ屋 シマウマ酒店nico」さん。
麻婆や水餃子、エビマヨ、中華がゆなどのメニューと、おつくりに日本酒のお店。
さすが姉、ベテラン営業マン!よく見つけたなぁと感心しました。

このお店、お通しにもれなくおすすめの燗酒をおちょこ一杯出してくれるのですが、このおちょこがかわいい。
オリジナルのしまうまちゃんデザインです。
a0352094_00383657.jpg

そして、日本酒もいろいろな種類があるのですが、基本的に銘柄ではなく何mlでお願いするかで値段が決まっているスタイル。
50ml、100ml、180mlと選べます。
50や100なら、気になるものを数種類、気軽に飲めて楽しい!
日本酒のカクテルもあって、ライムとソーダで日本酒を割ったの(写真の右のやつ)とても美味しかったので、おうちでも真似してみようと思ってます。
a0352094_00385433.jpg

仕事が長引いてちょっと遅れてきた姉は、ちょうど一緒に外出していた会社の後輩を連れていまして、短い時間でしたが4人で楽しく飲みました~。

せっかくの機会なので、ちょっとでも会えてよかったなと思いながら、明日に備えて就寝・・・。
翌土曜日は、朝から移動に次ぐ移動です!

[PR]
by la_neige_21 | 2016-08-01 00:40 | 東北プチ旅行