大人婚、結婚準備日記

laneige21.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ということで・・・

ちょっとだけ気になり続けていた、書くよと宣言したまま放置だったブログ。
これでほっと一息です(笑)

最後のほうの旅行関係の記事はともかく、結婚式の準備にまつわる諸々や、終わった直後の「やってみてよかった、やっときゃよかった」の類は、少しでもこれから結婚式を迎える方のお役に立てていればうれしいなぁと思います。

さて、今度はどこかで、妊活ブログでもやろうかな?

また、ふと更新するかもしれませんが、いったんこれにて。
ここを訪れてくださった方々、ありがとうございました!

[PR]
by la_neige_21 | 2018-02-04 14:17 | このブログのこと

セーヌ川レストランクルーズ

1年以上放置したブログに、ふらりと戻ってきました。
見に来る人もいないかと思いますが(^^;)
いまさらながら、「書く」と宣言していたからには、セーヌ川クルーズの記事を・・・

と、その前に、この1年ちょっとのことを少し。
前回の記事を書いていた時期くらいから、仕事の環境が最悪化し、ちょっと精神的にやられてしまいまして。
退職・転職し、幸運にも恵まれた環境で、新しい職場で今は落ち着いて仕事をしています。
その一方で、年齢的なものもあり、妊活に力を入れている今日この頃です。(まだ結果は出ていません・・・・)

結婚式を終えたばかりの時期には、まだまだ結婚式のキラキラに囚われていたい気持ちがあったのですが、やはり興味の対象は移りゆくものですね。
(一部、私も参考にさせていただいた、「卒花」と名乗る、結婚式を終えて久しいけど結婚式周りのことをやり続けているブロガーさんやモデル?さんなどいらっしゃいますが、そのモチベーションはなんかすごい・・・と思う。)

さて、おすすめのセーヌ川クルーズの詳細に参ります!

パリといえば、のシンボルの一つであるセーヌ川ですが、そこを行き来する観光のための船には、いくつか種類があります。
有名なのは、バトー・パリジャンとバトー・ムーシュだと思いますが、私がいつも使っているのはバトー・ムーシュのほうです。
理由は、バトー・ムーシュの船は、必ず一組が1テーブルになって相席がないのと、どの席も必ず窓際になっていて、窓の外を見るのに他人に遠慮しなければならないということがないことです。
過去に母や姉といった際に、ランチクルーズに2回、そして今回は初めて、ディナークルーズに行ってきました。
かつては、「やっぱり船の食事だな」というようなお料理だったこともあるようですが、個人的には、超洗練されている!とまでは言わないですが、十分に美味しくて楽しめる料理だと思います。

ランチクルーズは、現在は60ユーロのようですね。
私が行ったときは(もう5年以上前ですが・・・)もっと安かったような、と思って過去の記録を見てみたら、やっぱり50ユーロだった時代があったようです。値上がりしてますね~。
まぁ、それでもお手頃かとは思います。
コースのお料理を食べながら、ワインも2名あたり1本のボトルで付き、2時間弱かけてゆっくりと両岸の景色を楽しめます。

ディナークルーズは、私たちは特別メニューではない「プレステージディナー(現在99ユーロ)」というものを選びました。
ランチとの差は、お食事のメニューが多いのと、夜景を楽しめること、時間も1時間弱長いこと(通るルートも、より遠くのエリアまで回ります)、音楽などの雰囲気もよりフォーマルなことでしょうか。

船内は、テーマカラーの赤い空間。
ランチクルーズに行った時よりも、現地というか、フランス人の方が多かった印象でした。
a0352094_13562019.jpg

お料理は、全部は載せていませんが、こんな感じ。
アミューズ、アントレ、メインディッシュ、デザートにチーズもついてのフルコース。
a0352094_13561388.jpg
a0352094_13561226.jpg
a0352094_13561218.jpg

よかったのが、時間がたっぷりあるので、デザートの前などに船の甲板に出て、エッフェル塔のシャンパンフラッシュなどを楽しめたこと!
キラキラしてとてもきれいでした~!
a0352094_13561314.jpg
船に乗り込んでしまえば、あとはお任せ!の楽さも、レストランクルーズのいいところです。
基本的に、観光目的の人々なので、ぱしゃぱしゃ写真を撮るのも恥ずかしくないし、スリや置き引きのリスクが少ないし。
ハネムーンにはもちろん、ご家族・ご友人との旅行にも、海外に慣れていない方をお連れするのにもよいのかなと思います。

予約ですが、日本の正規代理店「バトームッシュ・ジャポン」さんからも予約できるのですが、フランス本国のサイトから予約するよりもちょっと高くなることが多いです。
本体のバトー・ムーシュのサイトにも、きちんと日本語のページが用意されていますので、こちらからユーロで予約されるほうがお得だと思います。

Bateaux Mouches オフィシャルサイト


[PR]
by la_neige_21 | 2018-02-04 14:08 | ハネムーンのこと